無料ブログはココログ

2017年2月 6日 (月)

災害時の地域支え合い体制づくりシンポジウム」が開催されました。

「災害時の地域支え合い体制づくりシンポジウム」が開催されました。
 災害時でも慌てずに対応できるよう、要援護者支援を含めた「宿泊型防災訓練」を昨年12月に駿河区豊田中学校体育館にて実施しました。その活動状況について報告し、地域での住民主体の支え合い体制づくりに向けて参加者とともに考えことを目的に行いました。
主 催:西豊田学区地域支え合い支援体制づくり実行委員会
日 時: 平成29年2月4日(土) 13:30 ~ 16:30
会 場: 静岡県立大学短期大学部 講堂 (駿河区小鹿2-2-1)
20170205tiikisasaeai1 
20170205tiliksasaeai2
20170205tiikisasaeai3
20170205sizuokasi4

2017年1月 4日 (水)

地域の防災訓練が障がい者の参加した訓練にするための活動について

12月4日(日)の9:00から「地域防災の日」に、市内各地において防災訓練が行われます。
地域の防災訓練への協力と障がい当事者が参加した訓練にするための活動を進めています。
地域の要援護者支援への活動
駿河区広野町内会防災訓練
会場 静岡市立長田南小学校
参加者 地域住民 全体の参加者数430名 (当時者役)6名、障がい当事者2名(車イス使用者、視覚障がい者)
Img_0819 Img_0822 Img_0828 Img_0831
葵区美和小学校での防災訓練の講話
会場 静岡市立美和小学校(校長室、体育館、校舎階)
Cimg3349 Cimg3353 Cimg3366 Cimg3364
葵区大岩町
 会場 一時避難所:城北公園
 内容
 ①1班から3班の各組の防災担当が、要援護者の安否確認と住民の点呼を行い城北公園へ避難する。
 ②城北公園にて共同訓練 
 参加者 大岩町住民120人程度(シルバーカー利用7名)
障がい当事者の派遣の内容
 訓練終了後、町内役員と城北公園から安東小学校まで要援護者の避難経路の確認
 参加者:顧問1名、町内会長1名、民生委員1名、広報委員2名 視覚障がい1名 車イス1名
1 2 3 5
2016120502 2016120503

2016年12月 5日 (月)

西豊田学区地域支え合い宿泊型防災訓練

西豊田学区地域支え合い宿泊型防災訓練
障がい者を含む要援護者の地域での支え合い支援を具体化するための宿泊型防災訓練を開催されました。
1 日時  平成28年12月3日(土)15:00から4日(日)12:00
2 場所  静岡市立豊田中学校
3 参加者 地域住民、豊田中学校生徒 
4 内容 (1)地域防災講座(大人向け、子ども向け)
   (2)避難所設営訓練、福祉スペース設営訓練、宿泊体験
   (3)防災訓練、防災講座
     (4)要援護者支援
 
5 主催 西豊田学区地域支え合い支援体制づくり実行委員会
20161204
201712052
20161204sinbun

2016年11月 7日 (月)

地域支え合い防災講座 〜災害時にあなたの地域の要援護者は大丈夫?〜

地域支え合い防災講座
〜災害時にあなたの地域の要援護者は大丈夫?〜
静岡県立短期大学 江原先生が「地域防災」をテーマに講座を開催されており、当協会も協力させていただいております。
日 時: 平成28年11月5日(土)9:30~15:15
場 所: 静岡県立大学短期大学部 254教室
9:30 支え合い支援基礎講座
    西豊田学区支え合い体制づくり
    県立短大 准教授 江原勝幸
10:00 ワークショップ(障がいの当事者から各障がい特性の理解、自助の現状と課題、避難所の配慮・工夫)
    ①視覚障がい
    ②聴覚障がい
    ③肢体不自由 
 
12:00 お昼休憩(各自)
12:45 ワークショップ(障がいの当事者から各障がい特性の理解、自助の現状と課題、避難所の配慮・工夫)
    ④精神障がい
    ⑤知的・発達障がい
    ⑥要介護高齢者
14:45 質疑応答
    全体まとめ・講評
    全体を通した質疑体制つくりの課題・今後の展望
    静岡市障害者協会
15:15 
20161104 2016114_2

2016年10月17日 (月)

福祉避難所についての新聞記事

当協会でも福祉避難所のことについての新聞記事を掲載させていただきました。

20161017
 
 

2016年9月 7日 (水)

グランシップの総合防災訓練に参加しました。

平成28年9月6日に地震想定の総合防災訓練をグランシップで開始され、障がいのある方への避難誘導の様子を,実際に当協会も参加して振り返りと感想会を行いました。

1.総合防災訓練実施日時
  平成28年9月6日(火)9:30~11:00
2.場所:グランシップ 9F 910会議室
3.参加者 グランシップ職員、委託スタッフ、グランシップサポーター(ボランティア)当協会職員 約120名程度
4.障がいのある方への避難誘導
  ①電動車椅子での避難訓練の実施(1F 中ホール(大地))。
  ②中層階(6F)からの下肢不自由者(杖使用)の避難誘導について。
  ③高層階(9F)からの視覚障害者の避難誘導について。
20160906 20160906_2 20160906_3 20160906_4 20160906_5 20160906_6 20160906_7

2016年6月21日 (火)

グランシップでの避難訓練

災害時の車イス避難および避難誘導訓練について

会場:グランシップ 901会議室(講義) 
参加者:120人程
①障がいについての講演会
②3グループに分かれて体験
 ・車イス利用者を階段で降ろす。
 ・レスキューボード、布担架を実際に使用する。
 ・アイマスクを利用して視覚障がい者の疑似体験。
201606211 201606212 201606213 201606214 2016052163 2016062152

2016年5月31日 (火)

創立10周年記念公開講演会を開催しました。 

市長と鼎談(ていだん)「静岡市の障がい者と災害」~ 熊本地震から見えるもの~
日時 平成28年5月28日(土)10:30~12:00
会場 静岡市女性会館 アイセル21 1階ホール(定員300人)
名称 静岡市障害者協会創立10周年記念 公開講演会
参加者 170人
内容
主催者挨拶・来賓祝辞
事業紹介「写真で見る協会10年の軌跡」
記念講演(鼎談)
テーマ 『静岡市の障がい者と災害』~熊本地震から見えるもの~
     静岡市長 田辺信宏氏
     静岡市社会福祉協議会 会長 山本伸晴 氏
     静岡市障害者協会 会長 牧野善浴

2016年3月14日 (月)

災害時要援護者支援シンポジウムについて

民生委員、自治会の方、障がい当事者など132人の方が参加していただき、開催致しました。
○テーマ
 地域防災訓練に要援護者支援を盛り込もう
 ~障がいのある人も地域の防災訓練に参加しよう~
日時 平成28年3月11日(金)13:00~16:00
会場 アイセル21 1階ホール(葵区東草深町3-18)
オリエンテーション
  主催者あいさつ  静岡市障害者協会 会長 牧野 善浴
○シンポジウム
 コーディネーター  江原 勝幸氏(静岡県立大学短期大学部 社会福祉学科 准教授)
 概 要 説 明  「要援護者支援チームの派遣事業」 静岡市障害者協会 
 報告1 東新田地区での防災訓練
      発表者① 東新田自治会長
      発表者② 知的障がい児の親
      発表者② 知的・身体障がい児の親
      発表者③ 身体障がい:電動車イス利用者
 報告2 大岩町での防災訓練
      発表者④ 大岩町自治会会長
      発表者⑤ 視覚障がい:白杖
<休憩>(15:00~15:10)
○シンポジウム
  質疑応答・意見交換
○まとめと助言(15:30〜15:55)
   コーディネーター 江原 勝幸氏
201603112 201603113 20160311

2016年3月 1日 (火)

災害時要援護者支援シンポジウム

赤い羽根共同募金助成事業

 災害時要援護者支援シンポジウム 

 地域防災訓練に要援護者支援を盛り込もう

 ~障がいのある人も地域の防災訓練に参加しよう~

                       NPO法人 静岡市障害者協会

○趣 旨 災害時要援護者への支援について、障がいがある人や家族と地元の

     自主防と民生委員など関心のある市民が地域の防災訓練や防災対策を

     考え、具体的な改善につなげたい。

○日 時 平成28年3月11日(金) 13:30~16:00

○会 場 アイセル21 1階ホール(葵区東草深町3-18)

     静岡駅・新静岡駅よりバス「70県立総合病院」

     行きまたは「駿府浪漫バス」『アイセル21』下車

開催致しまします。

「2016.03.11saigaisymposium.pdf」をダウンロード

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28